確認電話なしの消費者金融なんてあるの?

借り入れを申し込んだときには必ず消費者金融から確認の電話があるものです。申し込みの有無を確認する必要があるからですが、自宅に連絡を入れられると困るという方も少なくありません。もちろん携帯やスマホの番号を書いておけばいいのですが、自宅にいるときに確認の電話がかかってきたらすぐに家族にばれてしまいそうです。

在籍確認の電話なしという消費者金融をご紹介しておきましょう。それは三井住友銀行グループの消費者金融モビットです。モビットは、消費者金融でただ一つ申し込み時の電話などをすべてインターネットで済ませることができるWEB完結という契約方法を設けています。WEB完結では本人の電話確認はメールで完了し、職場への在籍確認はありません。ただし、WEB完結で契約するための条件を満たしていなければなりません。

現在三井住友銀行あるいは三菱東京UFJ銀行の預金口座を持っていて、既定の社会保険に加入していることという二つの条件です。なんとかお金を借りたいと思っても消費者金融での借り入れは、クレジットカードのキャッシングと違って利用するATMによってはその場で明細が発行され、郵便物もありません。

返済遅れがなければ、特に連絡がくることもないまま借り入れや返済をすることができるのです。本当は家族には借り入れのことを言えればいいのでしょうが、心配させたくないという気持ちがある方も多いでしょう。消費者金融なら家族には知られにくい方法が申し込みから借り入れ・返済まであるのです。

怖いCMとやさしいCM、本当の消費者金融の顔

安心できる消費者金融、明るいイメージの消費者金融、そんなCMは日に何度も流れます。過払い金返還請求、債務整理のための弁護士事務所、そんなCMも日に何度も流れます。消費者金融の本当の顔はどちらなのでしょうか。

まずは怖さを覚えるCMについてご説明していきましょう。消費者金融は改正貸金業法施行前の顔と施行後の顔があります。過払い金返還請求は施行前の消費者金融によって今問題になっていることです。

出資法と利息制限法という消費者金融の上限金利を決める法律があります。二つがあることによってあいまいなラインが発生し、そこでグレーゾーン金利ができました。消費者金融はそのときに違法に設定していた金利で発生した利息の返還作業に追われています。それが過払い金返還請求です。

これから契約をしようというとき、この過払い金については心配はありません。しかし消費者金融を語るときには欠かすことのできない問題になりますので詳しく後述することにしましょう。

それでは債務整理のCMはどうでしょうか。現在もまだ債務整理をしなければならない可能性は十分にあります。計画性のないキャッシングをしてしまうことで返済が困難になり借り入れ先が増えることもあります。

お金がある状況に慣れてしまえば財布に入っている金額に安心できずに「お金を借りたい」と衝動に駆られても借り入れによって財布と心を満たす癖がつくこともあります。多重債務に陥り返済ができなくなると債務整理を選択しなければならないかもしれません。

それでは安心できる明るいイメージの消費者金融のCMはどうでしょうか。今の消費者金融の顔はこちらと考えてよいでしょう。改正貸金業法が施行されB法律に基づいた運営を行わなくてはならなくなりました。そしてインターネットの普及も大きくその役割を果たしています。

口コミ、個人の見解、評価、実際の利用者の声が世界中に発信される時代です。良い噂の広まりは遅くても、悪い噂の広まりはそれはそれは早いものです。健全で明るい運営をしなければなくなった、それが今の消費者金融であるともいえます。

それでも私たちはその開かれた消費者金融を安全に利用するために知識をつけておかなくてはなりません。基本的な用語も理解しておかなくてはならないでしょう。金利は実質年率、年率、借入利率など呼び方はさまざまあります。

このような基本的なことから消費者金融を知っていかなくてはなりません。消費者金融を利用していくための基礎知識をまずはつけていきましょう。